スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacBook Pro Retinaディスプレイモデルの衝撃

  • 2012/06/13 11:00
  • Category: Mac
一大イベントWWDCが終了しました。
発表されたMacはいつものようにほぼ予想の範疇の製品であり、特に驚くような物はありませんでした。
最近では情報も多方面から流れますし、仕方ないとは思いますが。

直前まで私が購入しようと思ったのはMac Proでした。
理由は諸処あり、デスクトップメインの私には最適なマシンだと思えたのです。
しかし蓋を開けてみるとアップデートとすら呼べないような微妙なモデルチェンジにガッカリさせられました。
たぶん現行のMac Proに関しては販売終了という感じをヒシヒシと感じます。
ハイエンドモデルに旧型のCPUを載せたまま、Appleの提案するThunderboltも搭載されていないのです。
もはや時代の波に後れた恐竜は絶滅への道を辿るしかないのでしょうか?
何故かアップデートされなかったiMacも含め、Macのデスクトップ製品が今後はどうなっていくのでしょう。

一方で非常に元気なのは相変わらずノートブックの新製品です。
販売も好調なMacBook Airは発売されたばかりの省電力型IVY ブリッジを取り入れ、メモリやSSDの容量アップも可能なモデルになりました。
主力製品たるMacBook Pro 15inchには噂通りのRetinaモデルが投入されました。
事前にはMacのRetina化にはさほど意味があるとも思えなかったのですが、このモデルは文字表示が綺麗なまま更に4つの解像度を選ぶ事ができるます。

1,440 x 900(標準)
1,024 x 640
1,280 x 800
1,680 x 1,050
1,920 x 1,200

従来のMacでも解像度は変更できましたが、文字表示などが寝ぼけてしまうかワイド画面の両端が切れてしまいます。
結局は最大の解像度で使うしかなくなるので、他の解像度は全く意味がありません。
MacBook Pro Retinaディスプレイモデルは、少し老眼の進んだ私にとって最適の液晶を使っているのです。
今日実際に実機を見て来ましたが、ディスプレイの視認性の違いは明らかでした。
どの解像度でも表示領域は違っても実用になります。
24inch並の解像度に上げても文字が全く見えないようなことはないのです。
これでアプリケーションが対応すれば、最も中高年に優しいMacになると思います。
今後Appleが全ラインにRetinaディスプレイを展開すれば、今まで選べなかった方も好きなマシンが使えるようになります。
私はMacBook Pro Retinaディスプレイモデルを買うことに決めました。
今日は2度銀座へ足を運んだのですが、朝は入荷なし夕方は2時間差で売り切れました。
まあRetail Storeでは標準の2機種とUltimateモデルしか選べなかったので、良かったのかもしれません
後は自分に合ったモデル選びだけですね。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/821-2928348e

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。