スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンセント交換でUSB端子を追加する。

日本国内においてコンセントの交換は電気工事士の資格が必要です。
私は万人に推奨したつもりはありませんが、指摘を受けましたので明記しておきます。

以前にSSD専用ケースを海外から購入したとき、ちょっと気になる商品を見つけました。
newer technologyのPower2Uという物です。

2012-06-29 13.36.01

要は壁のコンセントを交換してUSB端子を追加してしまうという商品。
最近は本当にバッテリーを必要とする機器が多くなり、少しでも端子やコンセントの数が大いに超した事はありませんよね?
送料は変わらず、価格も安いので一緒に1個購入してみました。

2012-06-29 14.50.28

注意点としては化粧ボードから壁までの奥行きが50mm以上必要です。
購入先のVintage Computerさんにあった寸法図はこんな感じ
私も事前にコンセントを外して壁との距離を測っておきました。
ところが届いてさあ交換と思った所、当該部の壁との間にボードを支える金属バー(?)があって装着できません。
これは無駄な買い物になったと思ったのですが、隣に電気工事の会社があったので社員さんにコンセントの増設が可能な尋ねてみました。

2012-07-04 15.14.32

増設する位置にマーキングをして

2012-07-04 15.16.34

四隅に穴を開けます。

2012-07-04 15.17.00

ノコギリで石膏ボードを切ります。
簡単に切れますが、多少曲がっていても上からカバーで覆ってしまえば目立つことはありません。

2012-07-04 15.18.01

増設用の穴ができました。

2012-07-04 15.28.44

ケーブルをPower2Uの本体にそれぞれ留めます。
国内のコンセントは普通銅線を差し込むだけで留まるようにできているのですが、この製品は銅線をフック型に曲げてネジ止めしないといけません。

2012-07-04 15.33.06

Power2U本体と石膏ボードを裏側にプレートを挟んで留めます。

2012-07-04 17.02.33

蓋を付ければ完成です。
左右2個のUSB端子が追加されたコンセントが追加されました。
Power2U自体の感想としてはUSB端子部にシャッターが付いているのはよいのですが、シャッター部分が硬すぎてツメで開けると痛いということ。
真ん中のコンセントにMacBook ProのACアダプタを付けると、USBが干渉していまうこと。
などでしょうか?
普通は下のようなUSBの口数を増やす製品があれば十分ですので、苦労して増設する価値があるかは疑問です。
私は今回工事業者の方に手伝って頂きました。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/839-166701e5

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。