スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.4GHzから1.9GHzへ〜電話機の変更〜

家庭用電話機がデジタルコードレスになって久しく時間が経ちました。
私の場合も職場の電話はデジタルですが、ここ1年程困った現象が起こっています。

201109241558090b1_20120717161250.jpg

SHARP製電話機1;ハウリングが発生し音がまともに聞き取れない。

2012-07-17 14.14.32

SHARP製電話機2;音声が途切れ相手の声が数秒聞こえない状態になる。

2012-07-17 14.09.48

PIONEER製電話機;警告音とともに電話が突然切断する

いずれも通話に問題があり困った状況なのですが、親機付近では発生しないので何とか使いながらメーカーと辛抱強く原因を探っていました。
いずれのメーカーも回避チャンネル設定をするよう勧められますが、状況は改善しません。
次に勧められるのが、電波干渉を起こす無線ルーターの位置を変えることです。

2012-07-17 14.09.33

思えば問題が発生しだした時期と概ね一致するのがTimeCupsuleの導入時期です。
ちなみに横にあるFONルーターも同じ2.4GHz帯を使っていますが、これを切っても状況は改善しませんでした。
しかし職場のルーター位置を大きく変えることはなかなか難しく、何処へ移動したら電波干渉がなくなるのかは皆目検討がつきません。
Appleにも問い合わせは行いましたが、2.4GHz帯の電波干渉を回避するような設定はないとの返答でした。
最近デジタルコードレス電話が使用している2.4GHz帯の電波干渉が話題になるようになりました。
無線LAN、ワイアレスマウス、ワイアレスキーボード、その他リモコンや電子レンジに至るまでがこの周波数帯を利用しています。

2012-07-18 12.33.55

電話機メーカーも問題の対策に乗り出したらしく、PanassonicとSHARPから1.9GHzの電話機が登場しましたのでPanassonicのVE-GD51DW-Sに電話機を交換することにしました。
基本的には親機コードレスの子機2台という構成で、それまで使用していたPIONEERのTF-FN2030-Wと似たような電話機になります。
デザインはあまり好きではないのですが、今のところ電波干渉も起きていないので使い勝手は良好です。
今や無線ルーターを使わない家庭の方が少ない時代になりました。
少しでも2.4GHz機器を減らす努力をした方が無用なトラブルは減ると考えます。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/845-cf835f2b

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。