スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSD時代のMacとバックアップ体制の見直し~WD Thunderbolt Duo~

  • 2012/07/20 12:08
  • Category: Mac
私の場合自営業ということもあって開業してからは複数のMacを仕事と趣味で使っています。
職場と自宅で稼働しているMacは
iMac 27inch(メイン)
MacBook Air 13inch(自宅、プレゼン用、サブ)
Mac mini(職場受付用)
でした。
222_20120720083057.jpg

機種が入れ替わっても、メインマシンはずっとデスクトップ型でサブ機がノートという構成はずっと変わりませんでした。
広大なデスクトップ、インターフェイスの数、性能とマシンを動かないのであれば、iMacはコストパフォーマンスは最高のMacだという考えは今も変わりません。
過去のデータ保存とバックアップに関しては、iMacとMac miniは動画データ以外はTimeCupsuleへ全て保存。
動画データは外付けのFW HDDへ退避させているだけで、バックアップはしていませんでした。
MacBook Airは自宅のAirMac Extremeに接続したUSB HDDへAirMac Diskを使ってバックアップしています。
デスク上のバックアップ用HDDの数も少なく、シンプルな構成ですが、全てのバックアップをTimeCupsuleに委ねていること、動画関連のバックアップは取れていないのが不安材料でした。

212_20120720083753.jpg

MacBook Pro Retinaディスプレイモデルを購入し、メインマシンを初めてノート型にしました。
可動できるメインマシンには今まで気なかったメリットが存在しました。
それは当然ですが、いつでもどこでも自分の使っているメインマシンで作業ができるという点です。
ソフトも作業環境もそのままですし、アップデートもメンテナンスも何処でも行えますし、常に最新の状態で作業ができます。
これはサブマシンでは微妙にできないことでした。
Retinaディスプレイモデルは従来の13inch以下の重量で、ノートブックとしては現在最大面積のデスクトップ環境を
常時携帯可能にします。
iMacと比べても勝るとも劣らない過去最高品質のモニタを移動することができるのです。

119.jpg

ただしノート型ゆえ、ポート数や拡張性には大きな欠点もあります。
FWは廃止され、変換アダプタも未発売のためHDDはUSB2.0で使わざるを得なくなりました。
USBポートは2個しかありませんし、HDDをHUB経由というのはいかがなものかと考えます。
私の場合は外部モニタも必須なのですが、貴重なThunderboltはEthernetを使うと1ポート取られてしまいます。
モニタに関しては新設されたHDMIを使わざるを得ません。
内蔵SSDも512GBの容量ではiMacと同じデータを常時保存していくことは難しくなります。
従来のバックアップ方法はを見直すさなければならなくなりました。
過去に所有したMacを考えても、ノート型マシンはデスクトップに比べ故障率が高いのも不安材料です。
iMacの場合モニタの不良などはあっても、致命的なロジックボード交換などに至ったことは殆どありませんが、ノート型は過去に何度か遭遇しています。
バックアップ体制の見直しは必要であると考えました。

2012-07-18 13.31.22のコピー

折しもWD Thunderbolt Duoの価格が下がったので、こちらを導入することにしました。
4TBモデル(2TB×2)ですが、Thunderbolt Duoは中身のドライブを簡単に交換できるので将来的に容量を増やすことも容易です。
データ保存用のHDDはRAID(ミラーリング)を組み、バックアップを取ることにしました。
USB 3.0を使うか、HUB経由でeSATAを使うかなど悩みましたが2ドライブの市販品は選択肢が少なく、越山若水さんが購入されたようなケースを買ってバルクのHDDを組み込む形になりそうでした(3TB 2台で予算3万円強でしょう)。
ただしUSB 3.0は安くて速いのですがポートが一つ塞がってしまいますし、eSATAは別途HUBが必要です。

2012-07-20 07.08.19

そしてThunderboltはチェーン接続ができるので、ポートも塞いでしまうことはありません。
MacBook Pro Retinaディスプレイモデルに関しては、写真と動画は全て外付けのHDDに保存します。

010_20120720115939.jpg

以前のバックアップからデータ移動がまだ完了してないので、Thunderbolt Duoは余裕があります。
ちなみに次にデータ量の多いiTunesライブラリは、内蔵SSDにあった方が持ち出しや取り込みも可能なのでそのままです。
MacBook Proのシステム関係とMac miniのバックアップは従来通りTimeCupsuleにバックアップしています。
Thunderbolt HDDへのデータコピーは以前にも試した8.1GBのデータで1分20秒とUSB 3.0のHDDに比べてもかなり高速ですが、USB3.0接続のSSDと比べると倍以上の時間がかかりました。
ミラーリングの影響がどの程度あるのかは不明です。

Thunderbolt Duo
Western Digital My Book Thunderbolt Duo 6TBデュアルドライブRAID対応ストレージ WDBUPB0060JSL-JESNWestern Digital My Book Thunderbolt Duo 6TBデュアルドライブRAID対応ストレージ WDBUPB0060JSL-JESN
(2012/03/30)
WESTERNDIGITAL

商品詳細を見る


Western Digital My Book Thunderbolt Duo 4TBデュアルドライブRAID対応ストレージ WDBUPB0040JSL-JESNWestern Digital My Book Thunderbolt Duo 4TBデュアルドライブRAID対応ストレージ WDBUPB0040JSL-JESN
(2012/03/30)
WESTERNDIGITAL

商品詳細を見る

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/846-f5d9fb49

Comment

Hatti

こんにちは。
いつもありがとうございます。

> 自分も(Hattiさんもかどうかは分かりませんが^^;)サブマシンは持っていたいタイプなんですよね。

確かにRetina 15inchは1台でまかなうことも可能なマシンですが、常時持ち歩くのは少ししんどいですね。

> MBP Retinaが到着するとそれだけになってしまうのですが、iMacを残そうにも嵩張るので困っています。
> ですので現在はiMacを売却して最安のAirかもうすぐ出るであろうminiの安いモデルを考えています。

私もモニタはもう一台ありますから、同様の理由でiMacを手放しました。
しかしRetina対応のiMacが出てしまったら、これまた悩む選択になりそうです。

> さてさて、Thunderbolt HDDはいかがでしょうか?
> データの移動には少々時間が掛かるかもしれませんが、今後は書き込みも読み出しも快適になりますね^^
> 実売でも4万円切ったら買ってもいいかなぁと思ってます(無理かな・・・)

WDの5400rpmのHDD辺りを内蔵しているのでしょうが、音も発熱も少なくスピードはかなり速いのではないかと思います。
まあバックアップ主体だとスピードの恩恵がどれだけあるのか分かりませんが、マシンを入れ替える時にシステムをバックアップしてそちらから復元するのも結構高速にできそうですね。
運用の仕方は試行錯誤でやっていこうと思っています。
  • URL
  • 2012/07/20 19:17

越山若水

こんにちは。

自分も(Hattiさんもかどうかは分かりませんが^^;)サブマシンは持っていたいタイプなんですよね。
MBP Retinaが到着するとそれだけになってしまうのですが、iMacを残そうにも嵩張るので困っています。
ですので現在はiMacを売却して最安のAirかもうすぐ出るであろうminiの安いモデルを考えています。

さてさて、Thunderbolt HDDはいかがでしょうか?
データの移動には少々時間が掛かるかもしれませんが、今後は書き込みも読み出しも快適になりますね^^
実売でも4万円切ったら買ってもいいかなぁと思ってます(無理かな・・・)
  • URL
  • 2012/07/20 18:51

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。