スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPod 第2世代のバッテリー交換

  • 2012/09/18 17:24
  • Category: iPod
P1020863_20120918163819.jpg

私が初めて購入したiPadは第2世代の20GBモデルでした。
2011.5.のエントリでこのモデルはもはや修理不可ということが判明し、バッテリーが死んでしましったiPodはケーブルを接続しないと動かない状態です。

2012-09-17 20.44.51

暫く前まではNewer Technologyの交換用バッテリーなどが通販経由で入手できたのですが、もはや売っている所がなくなってしまいました。
直した所で、使い道があるわけでもないのですが何となく動くようにしたい私はヤフオクで交換用バッテリーを入手しました。
日本トラストテクノロジーという所が直販で売っている「iPod 第1&2世代用 大容量2300mAh◇交換バッテリー」という商品です(1,280円)。
バッテリーとiPodの裏蓋を開けるためのツールが2本付属します。

2012-09-17 21.04.34

まずは裏蓋を開けるため、ツールを裏蓋と本体の隙間に押し込んでロック部分を外すのですがこれが大変です。
隙間が殆どない上に、せっかく押し込んで持ち上げてもそれを固定しないとすぐに元に戻ってしまうのです。

2012-09-17 21.06.49

隙間が空いたところには何か押し込んで維持しながら少しずつロックを外して裏蓋を外します。
ここまでくればもう元には戻りません。

2012-09-17 21.07.47

裏蓋を外すと直下にバッテリーがあるのが分かります。

2012-09-17 21.08.42

バッテリーを留めてあるシールを外すとコネクタが基盤部分に接続されており、したにはHDDが確認できます。
バッテリーはSONY製でFukushimaの記載がありました。

2012-09-17 21.08.58

コネクタを破損しないよう注意して外せばバッテリーの取り外しが完了です。

2012-09-17 21.10.25

新しいバッテリーを装着して裏蓋を戻します。

2012-09-19 05.34.51

無事バッテリーを認識し、画面が表示されるようになりました。
これで多分動作すると思うのですが、この時代のiPodはFW400でしかMacと接続できません。
私の所有するMacはFW800のモデルしかないので、変換が必要となり音楽再生まではテストできませんでした。
また使用したバッテリーは純正品より僅かに厚みがあるようで、少し裏側が押されて出っ張るような気がします。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/876-d2b66d6b

Comment

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2014/05/03 20:22

the Apple generation

こんばんは!

iPod第2世代のバッテリー交換を自分も挑戦してますが

どこにも売ってませんね!

今でも、てに入りますか?
  • URL
  • 2014/05/03 18:21

Hatti

はじめまして。
コメントありがとうございます。

> http://store.apple.com/jp/product/MD464 のレビューにも書きましたが、FW400-800変換コードとThunderbolt-FireWireアダプタの組み合わせで、Retina Mac Bookと接続可能(充電・同期も可)です。

なるほど、これは盲点でしたね。
ナイスアイディアだと思います!是非試してみたくなりました。
アドバイスありがとうございました。
  • URL
  • 2012/09/18 20:16

ひろ

はじめまして。
http://store.apple.com/jp/product/MD464 のレビューにも書きましたが、FW400-800変換コードとThunderbolt-FireWireアダプタの組み合わせで、Retina Mac Bookと接続可能(充電・同期も可)です。
  • URL
  • 2012/09/18 18:48
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。