スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacBook Pro 13inch Retinaディスプレイモデル~ 2ndインプレッション、ディスプレイ編~

2012-11-03 22.02.32

2台のMBP Retina ディスプレイモデルをモニタ解像度を「Retinaに最適」にすると表示はこんな感じになります。

001_20121103104107.jpg

標準解像度の1280 x 800ではやはり狭いので

002_20121103104445.jpg

スケーリング解像度の変更で、1,440 x 900に変更しています。
これははMac Book Air 13inchの標準解像度ですので、極端に表示が細かくなることもなく、使いやすい解像度だと思います。
解像度を変更しても、画面の端が切れたり文字が滲まないディスプレイは本当に素晴らしいと思います。

004_20121103104706.jpg

ちなみに最大解像度の1,680 x 1,050はここまで表示領域が広がりますが、さすがに文字が細かくなります。

2012-11-03 06.38.18

15inchモデルと同じくi1 Display Proにてキャリブレーションを行いましたが、体感的にキャリブレーション後の色変化が少ないのは15inchモデルと同じです。

スクリーンショット 2012-11-03 11.13.01

ただしガンマ補正量は何度行っても15inchより大きく、キャリブレーション後のモニタを13inch,15inchで比較すると13inchモデルの方が若干赤が強い印象を受けます。
しかしながら両者を比較してもその差はごく僅かなので、15inchと13inchの相互で画像データを編集し共用しても違和感は少ないのは凄い事ですね。

総じて13inch Retinaディスプレイモデルのモニタ品質は、15inchに比べても大きな遜色はなく一般用途から画像編集まで行える優秀なモニタだと感じました。
~続く?~

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/903-2962c58a

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。