スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mac miniと液晶のフリッカーやブラックアウトの件、続報

  • 2013/02/04 19:06
  • Category: Mac
以前にエントリを書いた
Mac mini(Mid 2011,Late2012)と液晶のフリッカーやブラックアウト
の件ですが、その後AppleからはMac mini用のファームウェアアップデートもこないまま日時が経過しています。
その際のAppleの回答は
Mac mini2011モデル、2012モデルに接続したモニタ上にフリッカーや砂嵐が発生する現象はAppleも認識しており、現在未解決である。
という回答を貰っていたのですが、2ヶ月を経過したのでその後の進展がないかサポートセンターに電話してみました。
懸案事項であったためか、すぐにシニアアドバイザーに担当は変更になり用件を伝えると

この問題は現在も未解決問題となっています。
ただし申し上げにくいことなのですがLate2012に関して発生している問題であり、Mid 2011は該当しません。

つまり前回のシニアアドバイザーが当該トラブルの問題をMid 2011にも起きていると勘違いしたか、私のマシンをLate2012と勘違いしたかということになります。
当然このまま幾ら待っても問題は解決しません。
修理対応になるとして、今年中にAppleCareが切れる24inch LED Cinema Display側の問題がないのかどうか等も加味して話を伝えると、DisplayとMac miniを同時に預かり検証するという提案がありました。
一番確実な提案ですが、困るのは預かり期間中の代換機をどうするかということになります。
電話口で暫く悩んでいたのですが、シニアアドバイザーから別の提案がありました。

今回はAppleの不手際でお客様にご迷惑をおかけしましたので、先に交換機を送り後から修理品のMac miniを回収します。

え!この台詞は以前にも聞いたことがあるんですよね。

交換機は現行機種の同等品との交換となります。

急転直下Mid 2011はLate2012に交換して貰えるという神対応になったのですが、問題は私のMid 2011はApple正規サービスプロバイダにてSSDを増設、HDDも交換してしまったマシンだということです。
その話を正直に伝えると交換に出すには、工場出荷時状態に戻せばOKということですが、このままだと交換はできない模様。
むろんこのまま交換に出してしまうと増設したSSDも戻ってきません。
私の技術ではMac miniの奥に入ったSSDを本体を壊さずに取り出して元に戻す自信はありません。
しかも交換したらSSDの増設はまたプロバーダーに頼むか自力増設しなければなりません。
さあ嬉しさ半分、困った問題も半分でどうしたものか...

追記:しかし交換で喜んでいましたが、この交換はトラブルの発生しないMid 2011を未解決のLate 2012に交換するという本来間違った対応になりますね。ますますどうしたものか悩みます。

~次回に続く〜

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/949-08df4600

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。