スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファーイーストガジェット Ps/Aiショートカットステッカーを試す。

IMGP1250.jpg

ファーイーストガジェットさんからブログメール経由で商品の提供を頂きましたので紹介をさせて頂きます。
「Ps/Aiショートカットステッカー」はMacのキー上に貼ることでPhotoShopとIllustratorのショートカットを一目で分かるようにした製品です。

IMGP1259_20130402141811.jpg

商品には2枚の同じシールが付属しています。
サンプルとして2枚提供頂いたものを間違えて2枚入りと書いてしまいました。
ステッカーは1枚です。

IMG_1175.jpg

キートップに合わせて1枚1枚貼っていきますが、この作業はピンセットを使った方が楽ですし正確に位置決めができると思います。
ステッカーの粘着力は弱めなので張り直しは可能です。
各ショートカットの位置は商品パッケージの画像を見ながら貼ると位置を間違えません。

IMGP1259.jpg

全部のステッカーを貼り終わりました。
Appleのキーボードはキートップがつや消しなので、多少テカって見えますが光源の下でなければそんなに違和感はないと思います。
また上からキーボードカバーを掛けてしまうと、艶の差は全くなくなりますしステッカーも保護されますね。

IMG_1179のコピー

重ね貼りOKとのことなので、見本的に1枚Illustrator用のステッカーを貼ってみました。
PhotoShop用のカラーと位置はブラインドタッチができない私には、英数字と近接し色が明るいのでキーの視認性が少し悪く感じました。
ワイアレスキーボードの場合、色も位置もIllustrator用の方が邪魔にならないので好きです。

IMG_1180.jpg

同じシールをMacBook Proのキーボードに貼ってみるとIllustrator用はあまり良く見えませんね。
と思ってHPを見たら黒キーボードはPhotoShop用のみの対応だそうです。
白と黒、下地の色が正反対ですので仕方ないと思います。
黒キーボードの場合少しムラが出てしまうのが気になりましたが、時間が経つと馴染むのかは未検証です。
またテスト的にUSキーに貼りましたが、ショートカットステッカーはJIS配列キーボードのみの対応と記載があります。
わがままを言ってしまえば私の場合Photoshopしか使わないので、Illustrator用の位置でオレンジ文字と青文字をキーボードによって使い分けられるとベストだなと思いました。

ショートカットステッカーという発想自体はとても便利だと思います。
今までツールを切り替えるのにショートカットを使用したことはなく、その都度再度ツールバーから切り替えていた私ですが、ステッカーを貼っていれば視線移動が明らかに少なくなり作業画像に集中できます。
Photoshopの機能をフル活用しているコンシューマーユーザーは少ないと思うので、良く使うショートカットだけを貼るのも良いかもしれませんね。
1枚525円で購入できる商品ですので、ご興味のある方は試しても良いと思いました。
メーカーのHPはこちら「ファーイーストガジェット Ps/Aiショートカットステッカー

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/976-35f69c47

Comment

Hatti

> これはありそうでなかった商品!

私も初めて見ました。
というかPhotoshopのショートカット自体使っていなかったのです。

> 確かに私もキーボード派なので、ショートカットはとても便利なツール。
> でも、よく使うものはともかくたまにしか登場しないものは・・・
> さらにアプリ独自のショートカットとなると・・・!

使う物だけを貼るも良し、貼っておいて徐々に覚えるのも良しという気がします。
ただしキースペースは限られているし、JIS用はすでに混雑しているのが問題ですね。
  • URL
  • 2013/04/03 09:12

管理栄養おたぬき

これはありそうでなかった商品!
確かに私もキーボード派なので、ショートカットはとても便利なツール。
でも、よく使うものはともかくたまにしか登場しないものは・・・
さらにアプリ独自のショートカットとなると・・・!

思わず見ながらへぇ~の連続でした。


  • URL
  • 2013/04/02 19:52

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。