スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Docomo ドライブネットを使う〜その壱〜

前回の記事でiPad miniの車載の話を書きましたが、その後あまり使用していません。
何故かというとiPad用でDocomoの回線が実用にならなかったからです。
理由は良く分かりませんが、auのSIMはiPhone用の1回線分しかないので、その度SIMを差し替えるのは現実的ではありません。
カーナビ用にau回線を増やすことも考えましたが、iPadの契約自体が海外版iPadの持ち込みでは行えない(何故?)というauの回答でしたし、新たに端末を買うのも無駄、iPhone 5の回線を増やしてSIMを差し替えるのも手持ち回線数の関係で難しいため断念しました。
ちなみにiPad用の回線を作るには端末価格のできるだけ安いiPhone 5を契約、SIMを差し替えてiPhone 5は処分するのが一番安いと思います(執筆時点では端末価格一括0円のショップが多数有りました)。

822020.jpg

私の場合docomoのXi回線が1回線余っています。
昨年契約した月額500円以下の使い放題回線、まだ一年間月々サポートが残っているので使わないのは勿体ない話です。
iPadでできることがアンドロイドでできない筈がないので、こちらを活用することにしました。
スマホ、タブレットのカーナビ利用において重要なのはソフトウエアと測位性能であることは前回のiPad miniのテストでよく分かりました。
目的地の検索がスムーズでないナビは使いにくいですし、地図の縮尺が合ってないソフトは視認性が悪くなります。
ガイドが甘かったり測位性能が低ければとっさの判断が遅れます。
スマホナビはこの点で専用ナビには敵いません。
その点を補うシステムがdocomoにありました。
ドライブネットはPioneerが技術協力したスマホ向けナビゲーションシステムです。
スマホ単体、無料ソフトのみでも利用が可能(ルート検索不可)なので、アンドロイド端末があれば性能も事前にテストすることが可能です。

2999.jpg

使用する端末はL-06D、白ロムでのヤフオク購入品です。
液晶サイズは5インチとスマホとしては大型、タブレットとしては小さめのサイズですがPNDとしての使用には丁度良いと考えました。
液晶の解像度もXGAなので高すぎて表示が細かくなってしまうこともありません。
このシステムの場合、自分の好みで画面サイズを選択できるのが便利だと思います(ドライブネット対応機種はdocomo HPでご確認下さい)。

299928.jpg

docomoのSIMカードはiPad miniでの利用に合わせ既にnano SIMに交換してしまっているので、今回はJAPAEMO nano SIM変換アダプターを使用しています。
JAPAEMOのアダプターはこの手の商品の中ではレビュー評価も高いので安心して使用できます。
SIMカードを変換するのに、SIMカッターで切った残り枠などを使うのは絶対止めましょう。
この記事に書いたような恐ろしいことになって端末を破壊しかねません。
お決まりですが、SIMが外れす修理となっても自己責任のよる作業となりますのでご注意下さい。

JAPAEMO 【Amazon限定】SIM変換アダプター 4点セット (標準, マイクロ, nano) for iPhone5/4S/4/3GS/3用 ブラック A-JE-NANO-SET-BKJAPAEMO 【Amazon限定】SIM変換アダプター 4点セット (標準, マイクロ, nano) for iPhone5/4S/4/3GS/3用 ブラック A-JE-NANO-SET-BK
()
JAPAEMO

商品詳細を見る


7689.jpg

ドライブネットの利用には専用クレードルの使用が推奨されています。
クレードルには「車載用GPSレシーバー」、「加速度センサー」、「ジャイロセンサー」が内蔵されており、測位性能が更に向上する他、Pioneerのスマートループ渋滞情報にも対応しますので、VICS以上の渋滞情報も利用可能となります。
クレードルは画像の01が小型のスマホ用で、こちらはハンズフリー機能もある一体型です。

6256.jpg

タブレット用の02はクレードル部分が大型になります。
L-06DやGalaxy Noteなどはスマホですが、こちらが対応になります。
ただしタブレット用のためかハンズフリー機能は搭載されていません。
私の車はどちらのクレードルも固定する良い場所がダッシュボードに確保できません。
02の方はレシーバー部分が独立しており、クレードルを使わなくても機能が失われないのでこちらを使うことにしました。

3999.jpg

車載用クレードルはiPad miniの時に購入したHERBERT RICHTERのベント・マウント 4とミニ・タブレット・グリッパー2を流用しています。
ミニ・タブレット・グリッパー2はL-06Dにはそのままではサイズが合わないのでベント・マウント 4側を45度回転させ横向きにしています。
ただしスマホ本体の操作ボタンに干渉気味なので、これから購入する方はサイズが合った製品を購入した方が良いと思います。

【HERBERT RICHTER】カーエアコン吹き出し口用 ベントクリップマウント 4Quick Fix対応  ドイツ製【HERBERT RICHTER】カーエアコン吹き出し口用 ベントクリップマウント 4Quick Fix対応 ドイツ製
()
HERBERT RICHTER

商品詳細を見る


〜稼働体制に入っているのですが、ナビ画面など未撮影のため次回に続きます。〜

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://honeyb119.blog86.fc2.com/tb.php/991-fce01b0c

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。